法律事務所 光琳

相続は愛知県、名古屋市の法律事務所 光琳 | 遺言の相談に対応

お問い合わせはこちら 無料相談予約

コラム

遺言

納得した形で解決できるよう支援

個々の相談者に寄り添いながら、慎重に話を聞くことを大切にしています。特に、遺言は故人による最後の意向を伝える重要な手段であり、遺された家族や関係者の未来に大きな影響を与える可能性があります。各相談者が置かれている特定の状況や感情を配慮しつつ、アドバイスを提供し、重要な決断を名古屋にて支援します。

名古屋で丁寧に遺言の相談に対応

相続の際には、これまで特に問題はなかった親族関係にひびが入ることがあり、最悪の場合には親族関係が断絶するようなことも起こります。相続対策では相続税対策など金銭的な観点も大切ですが、円満な人…

相続が発生した際には相続放棄という選択肢を意識しなければならないケースがあります。 典型例は被相続人に多額の借金があった場合です。相続は、相続人は亡くなった方のプラスの財産もマイナスの財産も…

遺産分割の方法を検討する際に頻繁に問題となるのが、生前に故人の預貯金が不自然に目減りしているケースです。中には1000万円以上の預貯金が減っているケースもあります。 もちろん、施設入居費用や医療…

少し前のことになりますが、令和元年に遺留分制度について法改正がなされました。今までは遺留分減殺(いりゅうぶんげんさい)請求と呼ばれていたものが、遺留分侵害額(いりゅうぶんしんがいがく)請求…

今回は、その存在はある程度知られているものの、実際の活用例はあまり多くない「相続時精算課税制度」についてご紹介します。目次「相続時精算課税制度」とは、贈与を受ける子や孫が、2,500万円まで贈与…

配偶者居住権は、令和2年4月から認められるようになった比較的新しい権利です。 夫婦の一方が亡くなった場合において、残された配偶者を保護するための制度であり、残された配偶者は、亡くなった人が所有…

相続の際に問題となるポイントの一つに「寄与分」というものがあります。これは被相続人の財産の維持や増加に特別な貢献をした相続人について、法定相続分を超える財産を相続することを認める制度です。…

相続の際に問題となるものの一つとして「名義預金」というものがあります。何となく聞いたことがあるという方から、これで痛い目をみたという方まで様々かと思いますが、今回はこの名義預金についてお伝…

遺言書によって遺産分割を行う場合、遺留分侵害額に関する問題が生じることがあります。遺留分とは、一定の相続人について、被相続人が有していた財産の一定割合に相当する利益が保障された利益のことを…

繊細な相続問題に対応し、相談者の感情に配慮しながら、専門家と協力して柔軟に対処することを心掛けています。遺産分割などで相続人間の緊張が高まる場合でも、各人の立場から意見を慎重に収集したうえで、法的または税務的に最良の解決策を名古屋にて提示いたします。また、相続人が納得する解決を目指し、家族関係の修復にも貢献します。遠方の相続人には出張面談を行いつつ、遺言に関する意見交換の機会を提供し、円滑な遺産分割につなげています。

名古屋で丁寧に遺言の相談に対応

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。