法律事務所 光琳

相続は愛知県、名古屋の法律事務所 光琳 | コラム

お問い合わせはこちら 無料相談予約

コラム

法律の変更点や実務上のポイントを紹介

COLUMN

法律分野における最新の業界情報や、法律に関連する専門的な情報を提供しています。弁護士の視点から見た重要な法律の変更点や実務上のポイント、具体的なケーススタディなどを紹介いたします。また、法律が日常生活にどのように影響を与えるかについて分かりやすく解説しており、有益な情報源となります。

遺産分割を進める際によく問題となる点として、相続人の中に認知症の方、非協力的な方、行方不明者、未成年者がいる場合があります。遺産分割は相続人全員が協力して進める必要があるため、これらの方が…

預金の使い込みについては以前もお伝えしました(参照)。今回は、これを裁判所で争う際の手続きについてお伝えします。 通常の遺産分割は、家庭裁判所の遺産分割調停が用いられているため、使い込みを遺産…

土地を相続したものの、利用方法がなく、手放したいと考える方が増加しています。また、手放すにしても買い手が見つからないため、そのまま放置状態となり、管理されてない土地も相当数に上ります。 こう…

相続の際には、これまで特に問題はなかった親族関係にひびが入ることがあり、最悪の場合には親族関係が断絶するようなことも起こります。相続対策では相続税対策など金銭的な観点も大切ですが、円満な人…

相続が発生した際には相続放棄という選択肢を意識しなければならないケースがあります。 典型例は被相続人に多額の借金があった場合です。相続は、相続人は亡くなった方のプラスの財産もマイナスの財産も…

遺産分割の方法を検討する際に頻繁に問題となるのが、生前に故人の預貯金が不自然に目減りしているケースです。中には1000万円以上の預貯金が減っているケースもあります。 もちろん、施設入居費用や医療…

少し前のことになりますが、令和元年に遺留分制度について法改正がなされました。今までは遺留分減殺(いりゅうぶんげんさい)請求と呼ばれていたものが、遺留分侵害額(いりゅうぶんしんがいがく)請求…

今回は、その存在はある程度知られているものの、実際の活用例はあまり多くない「相続時精算課税制度」についてご紹介します。目次「相続時精算課税制度」とは、贈与を受ける子や孫が、2,500万円まで贈与…

配偶者居住権は、令和2年4月から認められるようになった比較的新しい権利です。 夫婦の一方が亡くなった場合において、残された配偶者を保護するための制度であり、残された配偶者は、亡くなった人が所有…

相続の際に問題となるポイントの一つに「寄与分」というものがあります。これは被相続人の財産の維持や増加に特別な貢献をした相続人について、法定相続分を超える財産を相続することを認める制度です。…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。